自転車の盗難を防止する方法やグッズを紹介!盗難保険・補償についても解説!

ロック

この記事では自転車の盗難を防ぐ方法や、盗難保険・補償について解説しています。

自転車は1日に「約500台も盗まれているのをご存じですか?

高額な自転車だけではなく、普通の自転車もたくさん盗まれているんです。

盗難にあったら警察に届け出を出したり、保険会社に連絡したりなど大変です。

この記事で紹介している対策をおこなって、盗難被害にあわないようにしましょう!

価格の高い自転車は盗難保険・補償に入ることをおすすめします。

目次

自転車のおすすめの鍵をタイプ別に紹介

自転車に最初からついているシリンダー錠は、簡単に壊すことができるので防犯性はとても低いです。

またロードバイクなどのスポーツ自転車には鍵がついていません。

どちらも鍵の購入が必須となります。

この章ではタイプ別の鍵を紹介していますので、状況に応じた鍵を購入してみてください。

軽量で持ち運びやすい「ワイヤーロック」

ワイヤーロックは軽くて持ち運びやすいタイプの鍵です。

長さがあり変形もしやすいため、さまざまな場所につなげられる特徴があります。

のちほど説明する「地球ロック」に向いています。

高価な太いものは頑丈ですが、安価な細いものは簡単に切断されるので注意してください。

頑丈で切断されにくい「U字ロック」

U字ロックはもっとも切断されにくい頑丈なタイプの鍵です。

伸縮性がないため持ち運びには不便で、のちほど説明する「地球ロック」には向いていません。

しかし切断されにくいので、フレームと車輪をつなげたり、車輪につけるだけでも防犯性が高くなります。

重くて頑丈な「チェーンロック」

チェーンロックはチェーンを布やビニール素材などで覆った鍵です。

細かく折りたためるので持ち運びに便利ですが、ワイヤーロックよりは重いです。

ワイヤーロックと比較すると太くて切断されにくく、U字ロックよりロックできる範囲が広い特徴があります。

自転車の盗難を防止するための方法を紹介

自転車の盗難を防ぐのに鍵をかけるのは基本中の基本ですが

この章では鍵のかけ方のコツ、またそれ以外の盗難防止ポイントを説明します。

防止方法①:地球ロック

自転車を施錠するときの基本と言われるのが「地球ロック」です。

地球ロックとは、地面と固定されている「動かない物」とつないで施錠することです。

例えば上の画像だと「鉄の柱」と「自転車」がつながれてますよね。

盗難というと

  • 鍵をピッキングしてあける
  • チェーンを切断する

というイメージがありますが、鍵のかかった自転車ごと持ち運ぶケースもあります。

地球ロックをすれば持ち運ぶ事ができなくなるので、盗難リスクを減らすことができます。

防止方法②:複数ロック

上の画像は極端ですが

複数の鍵で自転車をロックするのも効果的です。

鍵の数が多ければ、鍵を開けたりチェーンを切断する手間も増えます。

窃盗犯は「盗むのが大変そう」と思うとすぐにあきらめるそうです。

理想はチェーンロック(もしくはワイヤーロック)とU字ロックの「ダブルロック」です。

フレームと車輪をU字ロックし、そのU字ロックごとチェーンロックで「地球ロック」します。

そうすれば盗難にあう確率はぐっと下がります。

防止方法③:短い時間でも必ず施錠する

時間

自転車の盗難被害の約半数は「未施錠が原因といわれています。

  • 急いでいるから・・・
  • 短い時間だから・・・

こんな理由で鍵をしない人が多いようです。

鍵がかかっていなければ、ちょっと目を離したすきに自転車は盗まれてしまいます。

特に小学生や中学生などの未施錠が多いそうですので、保護者の方は注意しましょう。

防止方法④:自宅での保管は「屋内」がベスト

自転車を自宅で保管するときは「屋内」がベストです。

人目が気になる窃盗犯にとっては、かなりハードルが高くなります。

屋内に侵入してまで盗もうとする窃盗犯はいないでしょう。

おすすめの自転車盗難保険・補償を紹介

自転車の盗難保険・補償は大きく3つの種類に分けることができます。

この章ではそれぞれの盗難保険・補償についてくわしく解説します。

記事執筆時の情報です。最新の情報を確認してご加入ください。

種類①:保険会社の自転車盗難保険

ちゃりぽ
補償内容 盗難、破損
補償額 5,000円~50万円
保険料 年35,00円
※補償額が5万円の場合
対象車 車両購入金額5,000円以上
※中古車OK
※子供用自転車OK
自己負担金 30%
保険期間 1年、2年
ZuttoRide
補償内容 盗難、破損
補償額 盗難の場合、全額補償
保険料 月502円~
※補償額が20万円の場合
対象車 車両購入金額10,000円以上
※中古車OK
※子供用自転車OK
自己負担金 なし
保険期間 1年、2年
すぽくる
補償内容 盗難、破損
補償額 10万円以上
保険料 月275円~
※補償額が10万円の場合
対象車 車両購入金額100,000円以上
※中古車OK
※子供用自転車NG
自己負担金 なし
保険期間 1年

主な保険会社の保険料や補償額は以上になります。

保険会社の盗難保険はメーカー・ショップ盗難保険にくらべ補償がしっかりしています。

安心を求めるなら保険会社の盗難保険がおすすめです。

種類②:メーカの自転車盗難補償

以下のメーカーの自転車を購入したときに、メーカー独自の盗難補償に加入できます。

  1. ブリヂストン「3年間盗難補償」
  2. パナソニック「3年盗難補償制度」
  3. ヤマハ「製品保証登録(兼盗難保険登録)」

盗難にあったときに、自転車購入代金の3割程度の金額+手数料(数千円)を支払うと、同じモデルの自転車を購入できます。

メーカーによって金額は異なります。

月々の保険料を支払う必要がありませんが、盗難にあったときにまとまった費用が必要になります。

種類③:ショップの自転車盗難補償

以下の店舗で自転車を購入したときに、ショップ独自の盗難補償に加入できます。

  • サイクルベースあさひ サイクルメイト
  • AEON BIKE 自転車安心パック
  • カインズ 自転車盗難補償制度

盗難にあったときに、自転車購入価格の50%~90%程度を補償してもらえます。

ショップによって補償割合は異なります。

月々の保険料を支払う必要がありませんが、3年後から補償がなくなるのが多いです。

自転車盗難の発生状況を確認しましょう

あらゆる犯罪のなかでも窃盗の件数は最も多く、なかでも自転車の盗難は毎年トップです。

2018年の警察庁による統計資料によると、自転車の盗難は「約18万件もありました。

日本のどこかで1日あたり約500台の自転車が盗難の被害にあっていることになります。

自転車盗難はあらゆる犯罪のなかでもダントツの1位なのです。

こんな簡単に盗まれるんです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる