みなさまからの情報をお待ちしています こちらから

自転車保険に加入しないと大変なことに! おすすめ保険を紹介します【事故にそなえる】

 

自転車保険は加入した方がいいのかな?おすすめの保険はあるかな?

そんな悩みにお答えします。

  • 本記事の内容
  • 自転車保険とは
  • 加入義務について
  • おすすめ自転車保険
  • 自動車保険、火災保険の見直し

自転車事故の発生率は減少傾向にありますが、重大な事故につながるケースが増えつつあります。

 

自転車の事故なら大事にはならないだろう

そう思われるかもしれません。

しかし、自転車にぶつかった歩行者が転倒して頭を打って重体になったり、重度の障害が残ることがあります。

最悪、死亡させてしまうということもあります。

実際にそのような重大な事故のケースが何件も発生しています。

そのときの備えはできていますか?

ここでは、自転車保険の必要性と、おすすめの保険について説明します。

目次

自転車保険とは?

保険

自転車保険とは自転車に乗っているときに発生した損害を補償する保険です。

自転車に乗っているときに発生する損害は大きく分けて2つあります。

1つは「相手への賠償」もう1つは「自分のケガへの補償」になります。

主な補償内容は以下の通りです。

死亡保険金

自転車事故で被保険者が死亡した場合に死亡保険金を受け取ることができます。

高額ではないので生命保険など他の保険に加入しておくことをおすすめします。

個人賠償責任補償

自転車事故にあった「相手」に対する補償です。

多くの自転車保険にはこの個人賠償責任補償がついています。

過去の裁判例によると賠償金額は数千万円に上ることもあります。

補償金額は最低でも1億円以上あった方がよいです。

ご自身のケガに対する補償

自転車事故でご自身が入院をしたり手術を受けたりした場合に、入院給付金や手術給付金を受け取ることができます。

入院をともなわない通院でも通院給付金を受け取ることができるプランなどもあります。

示談交渉サービス

被害者から損害賠償を請求された場合、ご自身で解決しようとすると多くの時間と労力がかかります。

このような賠償問題に対する解決を、加害者に代わって保険会社が交渉するサービスです。

弁護士費用の補償

相手への損害賠償請求を弁護士にまかせた場合に、負担した費用が補償されます。

ロードサービス

突然のトラブルで自力で走行できなくなった場合、自転車を無料で搬送するサービスです。

車両盗難特約

自宅ガレージに保管していた自転車や、サイクリング中にとめておいた自転車が盗まれた場合など、盗難にあった場合に保険金を受け取ることができる特約です。

加入義務について

出典:au損保

近年、自転車保険(個人賠償責任補償)を加入義務とする都道府県が増えてきています。

加入しなくても罰則は今のところありません。

しかし罰則がないからといって加入しなくていいとはいえません。

最近では高額の賠償請求が増えてきています。

2013年、少年(当時11歳)の運転する自転車が女性(当時62歳)に衝突しました。女性は植物状態となり、裁判所は少年の親に「約9500万円」の支払いを命じました。

みなさんはこんな金額支払えますか?

わたしはとてもじゃないけど払えません。

だから自転車に乗る私と息子は自転車保険に加入しています。

自転車も「危険な乗り物」であることを認識しないといけません。

自転車保険は必ず加入すべき保険です。

加入対象者について

 

自転車保険は子供だけでいいや

って思っていませんか?

大人だって事故の「被害者」になったり「加害者」になる場合があります。

いつ事故は起こるかわかりません。

自転車に乗る大人も自転車保険に加入することをおすすめします。

※家族で加入できるプランのある商品があります。

おおすすめ自転車保険

自転車保険といっても色々な種類やプランがあります。

ここでは以下の条件を満たす、人気の高い保険をご紹介します。

  • 「個人賠償責任補償」が最低1億円以上
  • 「通院補償」がある(通院補償を受ける人が多い)
  • 示談交渉サービスがある
  • ランキングサイトで人気の高い保険

特定の保険をおすすめするものではありません。ご自身にあった保険を選んでください。

楽天超かんたん保険:自転車保険プラン

楽天カード会員向けの自転車保険です。

ネットで申し込みができ、手続き完了後の翌日から補償が開始されます。

節約・標準・充実の3コースがあり、
子供型・本人型・夫婦型・家族型の4つから選択できます。

個人賠償責任補償は1億円です。

示談交渉サービス付きです。

保険料は月々210円~と安いです。

ご加入はこちらから

楽天損保に「サイクルアシスト」という自転車保険があります。こちらは楽天会員でなくても加入できます。「楽天超かんたん保険」より補償が厚いですが、少し割高で年払いのみとなっています。

au損保:自転車向け保険 Bycle

ネットで簡単に申し込みができます。

本人型・家族型・本人親族型の3つから選択できます。

個人賠償責任補償が全てのコースで2億円以上となっています。

24時間365日対応のロードサービスが充実しています。

示談交渉サービス付きです。

保険料は月々340円~となっています。

ドコモ・ソフトバンクなど、au以外の方も契約できます。

ご加入はこちらから

三井住友海上:ネットde保険@さいくる

ネットで簡単に申し込みができ、申し込み後翌日から保険適用されます。

個人賠償補償は3億円、傷害補償も入院日額が6,000円、通院日額1,000円と充実しています。

示談交渉サービス付きです。

電話による無料相談をうけることができます。

保険料は月々333円~となっています。

ご加入はこちらから

安さ重視なら楽天超かんたん保険、ロードサービスならau損保、手厚い補償なら三井住友海上がおすすめです。

自動車保険、火災保険の見直し

自転車保険の「個人賠償責任補償」は自動車保険や火災保険に「個人賠償特約」として設定されていることがあります。

加入している自動車保険や火災保険の内容を確認し「個人賠償特約」の有無をみてみましょう。

「個人賠償特約」があれば自転車保険に別途加入する必要はありません。

これを機に「自動車保険」や「火災保険」の見直しをおすすめします。

見直しはこちら→

まとめ

自転車事故はいつ起こるかわかりません。

自転車だから大丈夫」という考えは甘いです。

もし加害者になれば莫大な損害請求をされる場合があります。

あなたは莫大なお金を支払うことができますか?

万が一のとき安心できるために自転車保険に加入しておきましょう。

<<おすすめ記事>>

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる